協会推選

【株式会社プレジール様】エクスケアDi(複合高周波EMS)

エクスケアDi(複合高周波EMS) とは

『エクスケアDi(ダブルインパクト)』は、従来の複合高周波EMS機器では難しかったインナーマッスルとアウターマッスルの同時トレーニングが可能になりました。EMS機器で初となる50万Hzの高周波出力で、今まで以上にスムースに、より深く通電し、深層筋のインナーマッスルを鍛えると同時に、表層筋のアウターマッスルにも働きかけ、バランスのとれた美しく、健康的な身体づくりをサポートします。

 

日本・米国で特許を認められた複合高周波ダブルインパクト

低周波の電気刺激は皮膚抵抗が大きく、皮膚表面にピリピリする痛みを感じることがあります。『エクスケアDi』のインナーモードは皮膚への刺激が少ないソフトな体感でスムースに身体の深部まで通電し、インナーマッスルをしっかりと鍛えます。エクスケアDiはEMS初の50万Hz。インナーマッスルとアウターマッスルを同時に鍛えられる複合高周波EMS『エクスケアDi』波形は、日米で既に特許を取得しています。(※注2)

 

座りながら寝ながら鍛えづらいインナーマッスルを楽に効果的に鍛える。

健康のためにスポーツジムに通う方が増えていますが、ジムでマシンを使って筋トレをする際に鍛えているのは、主に「アウターマッスル」とよばれる部分。スポーツで「瞬発力」や「パワー」を発揮するときに、重要な役割を果たす筋肉です。一方、日常生活を営むうえで必要となる筋肉は「インナーマッスル」とよばれ、「持久力」や「姿勢維持」に関連する筋肉です。インナーマッスルが弱くなればアウターマッスルを「姿勢維持」に使うようになり、作用が合っていない筋肉を使うことで、疲労にもつながってしまいます。エクスケアDiはパッドを鍛えたい場所に貼るだけでインナーマッスルだけでなく、アウターマッスルも簡単にトレーニングできるEMSです。新型コロナウイルスの影響でテレワークや外出自粛を要請されているかたが増えています。『エクスケアDi』は寝ながら簡単に筋肉が鍛えられるEMSトレーニング。自宅で仕事をしながらくつろぎながら簡単トレーニングできます。

 

自分の足で100まで歩き、自分の口で美味しく食べて、ボケずに楽しい人生を。

「日本人の寿命が延びた」といわれるようになりましたが、“健康寿命“との間には10年以上もの開きがあります。この差を埋めるべく、プレジールではインナーマッスルを鍛えて、自分の脚で歩き、自分の口で食べて、ボケない生活を提案していきます。

姿勢の改善

(左図)楽トレ 週3回 3ヶ月結果 姿勢改善、腰痛改善
(右図)楽トレ 週1回 1ヶ月結果 姿勢改善、歩行改善

 

複合高周波によるEMSが腹部内臓脂肪面積、血漿アディポネクチンに及ぼす改善効果

内臓脂肪面積は約46%減少

内臓脂肪の分解促進に有効であることが実証。

アンチエイジングサイエンスVol8

 

嚥下障害や離床支援への取り組み。

誤嚥性肺炎が消失し、口から食事ができるようになりました。認知症患者ですが、コミュニケーションもとれるようになりました。

 

2016年8月から10月までの3ヶ月間の使用前・使用後を測定させていただきました。

株式会社プレジール代表取締役 登坂好正

私の友人が開発した特許複合EMS機器“エクスケアDi”の開発背景と効果実績を知った時に、この機器をより多くの方々にご利用して頂きたい!そんな思いから普及活動を始めました。“自分の足で100まで歩き”・“自分の口で美味しく食べて”・“ボケずに楽しい生活を”このスローガンを掲げてエクスケアDiを一人でも多くの人達に普及出来れば…と思っております。その為には既にご利用いただいております皆様がより良く、より深くこのエクスケアDiをご活用頂くためのコミュニケーションツールが必要との思いで、“楽ケア通信”を発行することになりました。ご利用者の皆様の情報収集・情報交換の場として“楽ケア通信”をご活用頂き、健康ライフが継続されますよう願っております!!

学術顧問からのメッセージ

クスケアDi(以下、Di)は、からだに電気を流し他動的に筋肉を動かすEMS(Electrical Muscle Stimulation)機器です。Diは、からだに流れる電気の波形が一般的なEMS機器とは異なります。
一般的なEMS機器では、「低周波」と呼ばれる電気の波形を用いることが多いのに対し、Diでは「複合高周波」という電気の波形を用います。この「複合高周波」とは、「低周波」と「高周波」の2つの電気の波形を織り交ぜた独自の波形のことであり、この波形を使用したEMS機器は、Diを除き国内には2つとございません。
複合高周波の波形をした電気がからだに流れると、体表面から深さ15㎝の範囲にある様々な筋肉がひとりでに動き始めます。また、からだの内部には大小異なる神経や血管、組織の動きを滑らかにする脂肪組織などが存在します。これらの組織は筋肉と隣接している為、複合高周波の作用により筋肉が動きはじめると、これらの組織も同様に間接的に動きはじめます。
つまり、複合高周波の波形を用いたDiは「筋肉も含めた、からだの内部にある様々な組織を他動的に動かすことができる、国内唯一のEMS機器」といえます。このDiがもつ特徴により、「筋力を高める」というEMS機器本来の作用に加え、「組織の柔軟性を高め、動きを滑らかにする」という、従来のEMS機器では難しいことが実現可能となりました。

【プロフィール】
氏名 永木和載(ながきとものり)
所属 株式会社リライト 代表取締役
資格 理学療法士

 

【本件に関する問い合わせ先】株式会社プレジール 木榑(こぐれ)